シアターバー ブラック SC-HTB690-K [SCHTB690K]【RNH】 パナソニック-ホームシアターシステム

開閉


[パナソニック シアターバー SC-HTB690-K]の商品説明

●4Kコンテンツの著作権保護技術HDCP2.2に対応したHDMI端子を搭載。ブルーレイディスクプレイヤーなどの機器から受け取った4Kの映像信号をテレビに送信できます。
●音が立体的に広がるマルチチャンネルのシアターバー。コンパクトなバー状の本体ひとつで、3chのサラウンドを表現。サブウーハーの0.1chと合わせて、テレビで見る映画や音楽を、臨場感あふれる迫力の音声で楽しめます。
●高さ約5cmと低背設計なので、テレビの前に置いても画面と重なりにくく、視聴の邪魔になりません。壁掛け設置も可能で、壁掛け時には適切な音響になるよう音の指向性が切り替わります。
●ワイヤレスサブウーハーを採用しているので、本体とのケーブル接続が不要。わずらわしい配線作業がいらないうえ、ケーブルの長さを気にすることなく設置できます。
●スマートフォンなどのBluetooth(R)対応機器に保存した音楽もワイヤレスで再生できます。
●ドラマやニュース、バラエティ番組のセリフが聴き取りやすい「明瞭ボイス効果」。
●パナソニックの音楽再生アプリ 「Panasonic Music Streaming」 対応。
●音量やサウンドモードの状態を確認できる「ディスプレイ」を搭載。
●6つの「サウンドモード」から視聴シーンに適した音場効果が楽しめる(スタンダード、スタジアム、ミュージック、シネマ、ニュース、ステレオ)。
●低域部分を仮想再生する「H.BASS」。
●急な音量アップを抑える「音量オート」。
●対応のブルーレイディスクレコーダーと組み合わせて高音質を楽しめる「ブルーレイ リニアPCM」入力対応。
●サウンドモードを自動で切り換える「番組ぴったりサウンド」。
●番組のジャンルに合わせて消費電力を抑える「番組連動おまかせエコ」。
●テレビに連動し、テレビリモコンの操作で本機の電源オン/オフ・音量調節ができる「ビエラリンク」対応。

[パナソニック シアターバー SC-HTB690-K]のスペック

【スピーカー部】
●使用ユニット:[フロントスピーカー(L/R)]フルレンジ6.5cmコーン型×1/ch [センタースピーカー]フルレンジ6.5cmコーン型×1 [アクティブサブウーハー]ウーハー16cmコーン型×1
【アンプ部】
●実用最大定格出力(サラウンドモード、各チャンネル動作時):[フロント(L/R)]70W+70W(1kHz、6Ω、全高調波ひずみ率 10%) [センター]70W(1kHz、6Ω、全高調波ひずみ率 10% [サブウーハー]140W(100Hz、8Ω、全高調波ひずみ率 10%) [実用最大出力合計値]350W(非同時駆動、JEITA)
●HDMI:HDMI入力/1 HDMI出力/1(ARC対応)
●音声部:[デジタル入力]光/1
【Bluetooth(R)部】
●バージョン:Ver.2.1
●出力:Class 2
●プロファイル:A2DP
●対応コーデック:SBC
●通信方式:2402MHz~2480MHz (適応型周波数ホッピング方式)
●見通し通信距離:約10m
【本体】
●電源:AC100V 50/60Hz
●消費電力:本体/44W、アクティブサブウーハー/約27W
●外形寸法:[本体]テーブル置き時/W95.0×H5.5×D12.0cm 壁掛け時/W95.0×H12.55×D5.72cm [アクティブサブウーハー]W18.0×H37.8×D30.3cm
●質量:[本体]テーブル置き時/約2.5kg、壁掛け時/約2.5kg [アクティブサブウーハー]約4.7kg
●付属品:リモコン×1、HDMIケーブル×1(1.5m)、電源コード×2、Irシステムケーブル×1、壁掛け金具×2、ねじ×2

24時間365日受付0120-119-110

事故以外のお問い合わせ

東日本大震災への
取り組み